五味クリニック 新聞・雑誌掲載情報

 

TV健康deきれい 2003年7月号

夏の汗に勝つ
メイクくずれ、ヘアくずれ、ニオイくずれ
お出かけ中のピンチに
緊急対策!


汗腺は胸ツネリで 脚汗は腰ツネリで ピタッ!!

ツネリ刺激で止める
短パンにTシャツ姿なら、どんなに汗をかいても気にならないけど、お出かけ中となるとほっておけない。吹き出る汗でメイクくずれ、ヘアくずれ、さらにはニオイまで気になってきます。そこで、夏の外出時に汗を止める緊急対策を伝授します。

汗をかきたくないと思っても、止めるのはむずかしい。しかし、どうしてもかきたくないときは、一時的に汗をおさえる方法を覚えておきたい。

人間には「ある部分の汗がかきにくくなると別の部分が変わって汗をかく」という反射機能が備わっている。たとえば、右半身を下にして寝ると、右半身の汗は蒸発しづらいので、左半身から活発に汗がでる。あるいは、ソファに背中を押しつけていると背中側からでる汗は蒸発しにくいので、その分、下半身からの発汗量が増えて、全体としてのバランスを調整するようになっている。この機能のことを「皮膚圧−発汗反射」という。

この皮膚圧−発汗反射は、基本的には左右対称に表れる(半側発汗)ので、この原理を応用すれば、発汗のコントロールがうまくいく。汗をかきたくない部分を圧迫してやればよいのだ。
頭や顔の汗をおさえたければ、両バストの5p上あたりを両手でギュッとツネるか、親指で強く指圧する。すると刺激した部分から上の発汗が一時的に止まる。ツネリが無理なら、ブラジャーのホックをひとつきつくする。着物を着ているときは、帯紐を胸の上できつく締めておけばよい。下半身の汗をおさえたいときは、腰のあたりをギュッとつねる。この場合は左右対称ではなく、上下対象の原理を応用することになる。

胸ツネリ
乳首の上5pのところをツネリながら強くおさえると、顔、胸、腋の汗が止まる。
顔の汗はブラジャーのホックを一段階きつくしても効果あり。

腰ツネリ
左右の腰をツネリながら強く押すと脚の汗が止まる。スカートやパンツのベルトを下げ、ギューッと締めても効果が!

 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

back

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧