1-300  301-600  601-900  901-1200   体臭多汗の悩み:読者の共有メール

オリーブ葉の抗菌効果

ベガ



以前ご相談に乗って頂いた事があります。その節は有難うございました。
返事が来ると思っていなかったのですが、当時精神的にもギリギリの状態でしたがとてもうれしかったです。とても励まされました。

2年半ぐらい前のことです。

私は以前病院の検査室で勤務しておりました。極度のストレスも有、疲労気味であった上、風邪を引いて抗生物質を飲んで勤務続行しました。
薬を飲んで4〜5日目で昼食後、腹痛後下血(100〜200cc位でしょうか)びっくりして内科受診したあたりから、4年間体臭と付き合うハメになりました。
それからと言うもの、数々の病院を回り原因も分からなかったのですが、極めて疑わしい原因となるものを見つけました。

1999年2月ー風邪、後下血 (リンパ腺痛、胃痛、腹部拡張感、背中痛、胸焼け、喉がつかえる、頭痛など)
その後ー臀部から太腿にかけての血管の痛み、肩から腕にかけての血管、リンパ線の痛み、喘息症状、喉、耳の炎症など
体臭はー他臭で火薬の様な臭い、便臭、アンモニア臭、甘い臭いなど
内科的ー検査では何も出てこない、自律神経失調と喘息、体臭に関しては相手にもしてもらえない状態が続いています。

ところが先日イースト菌症候群なる物を見つけ、調べてみたところ全ての症状がこれで説明でします。
酵母菌、カンジタ、真菌などが消化器感染から全身へと広がっていくそうです。
抗生物質など使用し免疫力が低下した時、自己の常在菌、院内感染などから感染することがある。
イースト菌(酵母菌)症候群は日本では文献もなく知られていないため症例も当然ない。
海外では (LGS) Leaky gut Syndrome 腸もれ症候群として知られています。
すべてがこれで説明できます。アメリカのYahooー医療検索で多くの情報が得られます。
詳しい症状・検査法・対処法などは グレイトプレインズ研究所が公開しています。

http://www.greatplainslaboratory.com/japanese/abtresources.html


日本でも本がでています。オーレユーロペンの奇跡 モートン・ウォーカー著 (オリーブ葉の抗菌効果について)日本語訳者が薬事法違反で逮捕と言う記事を見つけました。
かなりの効果期待できそうです。100パーセント信用は出来ませんが、アメリカから取り寄せてみることにしました。
 Olea europaea 医学文献等で調べました。アレルギーに関する報告や血圧上昇の報告がありました。万人に安全と言う訳には行かないですね。(卵や他の食品と同じように!)
他にも抗菌効果のあるお勧め品なども色々出ていました。

出来れば多くの体臭で悩んでいる人の原因が分かれば、救う事も出来るのではないでしょうか?私もその一人です。
お正月休み明けに、かなりの勇気を振り絞って今かかっている病院へ相談に行こうと思っています。医師曰く「また変なこと言う人」を返上出来るでしょうか?

五味先生には日本医学会に広めていただきたいと願っています。TVはちょっと・・・
1年ぐらい後にしてもらって・・・
後日病院での経過報告したいと思っていますので、宜しくお願いします。



 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

メイン

診察室

費用表

書籍

マップ